2021年4月25日 礼拝説教要旨

復活の主イエス 

三好 晴夫 牧師

ヨハネによる福音書 第11章17-27節

             

主題聖句: イエスは言われた。「わたしは復活であり、命である。わたしを信じる者は、死んでも生きる。   

ヨハネによる福音書 第11章25節

 私たちは、毎日の生活の中で、色んな困難や苦しみで出会い、戸惑い、動揺してしまうことがあります。そんな時こそ、私たちの持つ信仰のあることが問われます。実に私たちは弱い者なのですが、私たちと共におられて生かしてくださるキリストを信じてお頼りして行くとき、強められ、支えられていく事が起こるのです。キリストを信じて行く信仰の大切さを今日の箇所は教えてくれています。

 

ある時、ベタニアに住むラザロが病気になり死んでしまいました。彼は主イエスを信じていた人でした。主イエスは彼が墓に葬られて4日経ったあと、ベタニアに来られました。その時、主イエスは、悲しみの中にある姉マルタに、「あなたの兄弟は復活する」と言われました。でもその時のマルタには、その言葉は、終わりの日の復活の時に復活することだと思って、それは信じますとだけ答えるだけでした。そのマルタに主イエスは力強い約束と宣言を語られたのです。それが上記の言葉です。

 

この世の終わりの時だけでなく、今、主イエスを復活であり、命であると信じるなら、主イエスは私たちの命一切をご自分の復活の命で生かしてくださるのです。主イエスは、事実、この言葉の通りに、十字架で死なれ贖いの業を成し遂げられた後、死人の中から復活されました。主イエスを復活させられた神の全能の力は私たちをも生かしてくださるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。