2011年12月4日 礼拝説教要旨

主題聖句 「捕らわれた人には自由を、つながれている人には解放を告知させるために」            

イザヤ書第61章1節

説教主題「解放を告げる知らせ」

 主イエスが成人され、宣教を開始してから、まず故郷のナザレの会堂で説教をされます。その日に開かれた聖書の箇所がこのイザヤ書第61章冒頭のみ言葉です。このみ言葉の朗読がなされたあと、聖書(巻物)を係の者にお返しになって、「この聖書の言葉は、今日、あなたがたが耳にしたとき、実現した」と主イエスは言われました。この〝解放〟がイエス・キリストによって、また、キリストのうちに起こります。突き詰めて言えば、この御方こそ解放そのものと言えるのです。昔、神がイスラエルの民を通してされた、預言の一つが単に実現したというだけではありません。その解放の約束そのものがキリストの身に起こり、成就したのです。ナザレで宣教を開始されたイエス・キリストは、数年後、十字架に掛かり、死んで甦られます。そのご生涯と行われた御業において、主がもたらされる救いが罪からの救いであることが明らかにされました。〝解放〟とは何よりも罪の束縛からの解放と言えるでしょう。約束は実行されてこそ内実があり、実行されないままなら、神は約束を違え、人間を裏切ったことになります。私たちは主イエスのご生涯を知っています。この約束が〝空手形〟でないことをどのようにして知るのでしょうか。イエス・キリストの全生涯を通して以外にありません。この御方のご生涯を改めて思い巡らすとき、イザヤ書の約束が間違いなく、この御方において実現している。主イエスがご生涯を持って、約束の成就の保証、裏書きを与えてくださったことがわかるのです。

2011年11月27日 礼拝説教要旨

主題聖句 「キリストは神の身分でありながら、神と等しい者であることに固執しようとは思わず」   

フィリピの信徒への手紙第2章6節

説教主題 「人となられた神」

 今日から待降節の礼拝を守ります。クリスマスの季節はイエス・キリストがどのようなお方であるかを深く思い巡らすときです。

 ナザレにお生まれになり、宣教してのち、十字架にかけられ、甦られた主イエスを「真の神にして、かつ同時に真の人」とキリストの教会は最初から言い表してきました。これが教会の信仰告白です。このフィリピの信徒への手紙も「キリストは神の身分でありながら」と言っています。

 真の〝神であることをおやめになることなく〟人となられ、さらに〝神のままで〟十字架にかかられ、死んで甦られました。その間も終始神であることを貫かれたのです。

 人間を救うために辿られた救い主の道筋は、父なる神がお決めになったといえるでしょう。その道をまるでお芝居を演じるようにキリストは何の苦もなくこなしてゆかれたとは思えません。荒野で40日悪魔から試みを受け、ゲツセマネでは血の汗を流して祈られました。さらに十字架の上で「神はなぜ、お見捨てになるのか」と叫ばれたのです。このように神のご意志に従うために激しく戦っておられるのは明らかです。

 救い主として地上にお生まれにならなければ、このような戦いを経験なさることも無かったでしょう。人の救いのためには大きな犠牲が必要です。救いのために犠牲を払わないで済む「神の身分」「神と等しい者」を主イエス・キリストはお考えになりません。自ら進んで、犠牲になることを引き受けてくださったのです。神のご愛を思わずにはおれません。