2012年9月9日 礼拝説教要旨

「 信仰 」

 

政所邦明牧師

フィリピの信徒への手紙 第4章19節

 

主題聖句:「わたしの神は、御自分の栄光の富に応じて、キリスト・イエスによって、あなたがたに必要なものをすべて満たしてくださいます。」

フィリピの信徒への手紙第4章19節 

 「わたしの神」とパウロは申しました。第1章3節にも「わたしの神に感謝し…」とあります。「わたしたちの神」と言えば、「信じる者たちすべてが共に見上げる神」となり、それはそれで一つの言い方です。

ところが「わたしの神」だと「わたしだけの神」のように感じられ、“独り占め”しているように聞こえます。しかし、信じる者はハッキリと「わたしの神」と言えるはずです。複数形の中に「わたし」が埋もれて、信仰の主体が曖昧になることはありません。―「他のだれでもないこのわたしにとっては、イエス・キリストによってわたしを救ってくださる神こそ、本当の神、ほかに神などありえない。」―パウロは自分と父なる神との強い結びつきを示します。パウロと神との結びつきの強さはどこから生まれてくるのでしょうか。パウロは「わたしの神」が何をして下さったかをよく知っているのです。一言で言えば神の恵みです。…神はわたしを罪から解放してくださいました。他の人が何と言おうと切っても切れない関係があります。だから「わたしの神」としか、言わざるを得ないのです。…パウロの強い確信が伝わってまいります。「この世界には神という偉い方がいらっしゃりそうだ。」などと言うのとは全く違います。20節で、パウロは神に栄光を帰し、神をほめたたえます。ただ言葉だけではなく全身を使い、心を込めてそうしています。神と親密でなければ、神をほめることなどできません。神の恵を知らなければ、本当には神と親密にはなれないのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です