2011年11月6日 礼拝説教要旨

主題聖句 「テモテのように…あなたがたのことを心にかけている者は他にいないのです。」

フィリピの信徒への手紙第2章20節

説教主題 「キリストを求める」

 主イエス・キリストには12弟子がおりました。パウロにも伝道者の仲間がいます。師弟関係の点で似ているように見えます。ところが12弟子にとって主イエスは〝救い主〟であり、「イエス・キリストが復活された!」と宣べ伝える信仰の対象でもありました。パウロの仲間はパウロを教祖のように崇め奉ってパウロを宣べ伝えることはしません。その点が決定的に違うところです。パウロもテモテもエパフロディトも等しくキリストの福音を伝え、キリストに仕えるものなのです。

 パウロは別の手紙で「あなたは、年が若いということで、だれからも軽んじられてはなりません。」(テモテの手紙一第4章11節)とテモテに言っていますから、歳の差があったのかもしれません。しかし、〝先輩かぜをふかす〟ことなく、後輩のテモテを深く尊敬しておりました。「息子が父に仕えるように、彼(テモテ)はわたしと共に福音に仕えました。」(2章22節)とあります。もちろんテモテは偉ぶることなく、パウロを先達として敬慕し、よく仕えたことでしょう。しかし、それはパウロの言うことを1から10まで何でも聞いたというより、パウロと共にキリストの福音に仕えたのです。このようなテモテのイエス・キリストに対する信仰の姿勢に感心し、それを高く評価したのでした。

 テモテは自分自身よりキリストのことを考えます。誰よりも親身になってフィリピ教会の人々のことを愛します。このテモテが来てくれることになりました。フィリピの人々にとって何と慰めになったことでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です