2021年6月13日 礼拝説教要旨

きょうどう-2021年 No.24 まことの祝福 
「柔和な人々は、幸いである、その人たちは地を受け継ぐ。」
マタイによる福音書第5章5節

  「柔和」という日本語は、やさしくおとなしいさまという、どちらかというと弱弱しい響きを持っています。しかし、ギリシャ語の「プラウス」という柔和は、自分を正しく評価し、他人には心低くして仕え、悪に煩わされないで神に忠実に仕える態度を示す言葉です。しなやかだけど、したたかな強さも兼ね備えた態度です。したがって、謙遜とほとんど同じ意味です。
柔和な人物の旧約聖書における代表例は、モーセです。彼について「モーセという人はこの地上のだれにもまさって謙遜であった」と言われています。モーセは、最も信頼する人々から非難されたこともあったが、一切弁解しませんでした。神の前に自らを低くして自分の使命を全うしました。
新約聖書では、ステファノやパウロは迫害を受ける中も、自ら謙遜にキリストを伝え続けました。柔和の本質は、主イエスご自身にあらわれています。主イエスご自身、「わたしは柔和で謙遜な者だから、わたしの軛を負い、わたしに学びなさい」(マタイ11:29)と、謙遜な態度で人々に教えられました。主イエスは、自ら低くして、しもべのようになり、人々を罪から救い出すために、人々の罪を自分の罪として背負い、十字架にかかって死んで贖いの業を成し遂げられました。
「(柔和な人は)地を受け継ぐ」と主イエスは言われました。詩編37編11節にその言葉があります。民が神を信頼し続けるなら神の契約に基づいて相続できるのです。神に信頼する者は神の契約の祝福を受け継ぐというのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です