2021年4月18日 礼拝説教要旨

ヨナのしるし  

三好 晴夫 牧師

マタイによる福音書 第12章38-42節

 

      

主題聖句: イエスはお答えになった。「よこしまで神に背いた時代の者たちはしるしを欲しがるが、預言者ヨナのしるしのほかには、しるしは与えられない。           マタイによる福音書 第12章39節

 主イエスは、病気の人や悪霊に取りつかれている人を癒されるなど多くの奇蹟を行っておられましたが、人々の中には、主イエスに「先生、しるしを見せてください。」と求める人がいました。それは、律法学者、ファリサイ派の人たちでした。彼らは、一応主イエスを「先生」と呼びかけて敬っているようですが、その実、主イエスが救い主であるとは認めず、救い主ならそれ相応の特別な能力を持っている外に見える証拠を見せてくれと要求したのです。

 

 

今日も、多くの人たちが、イエスを立派な優れた人格者と認めつつも、神の御子、救い主であるかどうか、それ相応の特別な能力を持っていることを示す外に見える証拠を見たいと思っているのではないでしょうか。証拠があって、自分たちに納得できる科学的証明がなければ信じないという思いが私たちの中にあるのではないでしょうか。この問いに対して、主イエスは「よこしまな神に背く時代の人たちはしるしを欲しがるが、預言者ヨナのしるしのほかには、しるしは与えられない」のです。「神に背いた」とは、神から愛されているのに愛を受け止めず裏切るような生き方のことです。何か特別のしるしによって神の愛の証明がなければ信じないという姿です。ただヨナのしるしがある。それは主イエスの死と復活によってあらわされた神の力です。主イエスの示されたしるしを見つめましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。