2021年4月11日 礼拝説教要旨

からっぽの墓 

三好 晴夫 牧師

マタイによる福音書 第28章11-15節

 

主題聖句:    言った。「『弟子たちが夜中にやって来て、我々の寝ている間に死体を盗んで行った』と言いなさい。

           マタイによる福音書 第28章13節

今日の箇所は、主イエスの納められた墓がからっぽであったことが、弟子たち、主イエスを信じる人々に重要なことであっただけでなく、ユダヤ人の指導者たちにも大変気になることであったことを示しています。

 

主イエスが十字架でなくなられた後、納められた墓を、ピラトの命で番兵が見張っていました。週の初めの日の朝、大きな地震が起こり、その墓に主の天使が現れ、墓の入口の石がわきに転がり、その番兵はそれを見て震え上がったのでした。婦人たちも墓に行き、天使から主イエスが復活されたことを聞きました。この番兵は、その話を聞いたかもしれません。   その番兵たちは都に戻り、この出来事すべてをユダヤ人指導者たちに報告しました。それを聞いた指導者たちは、兵士たちに多額のお金を与えて「弟子たちが夜中にやって来て、我々の寝ている間に死体を盗んで行った」と言いなさいと命じたので、彼ら兵士たちはそのお金を受け取って教えられたとおりに、出て行って言いふらしたのです。このようにして偽りの話が広まって行ったかに見えます。それほど、ユダヤ人指導者たちには、主イエスの墓がからであったことは、主イエスの復活を示すとは信じられなかったのです。しかしこの妨害の中に主イエスの復活は広まっていった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です