2021年4月4日 礼拝説教要旨

主は復活なさったのだ

三好 晴夫 牧師

マタイによる福音書 第28章1-10節

 

      

 主題聖句:  あの方は、ここにはおられない。かねて言われていたとおり、復活なさったのだ。さあ、遺体の置いてあった場所を見なさい。

           マタイによる福音書 第28章6節

 今日は、主イエス・キリストが死より復活されたことをお祝いするイースター(復活日)です。

 

金曜日の午後3時過ぎ、主イエスが十字架につけられ確かに死なれ、新しい墓に葬られたその様子を、婦人たちは見届けました。

 

やっと安息日が終り、日曜日の朝、まだ暗いうちに彼女たちは主イエスの葬られた墓に駆け付けたのです。死んで葬られた主イエスに少しでも近づき、何かをしたいと思ったのです。

 

転がされていた墓石の上に主の天使が現れ、言いました。主イエスはここにはおられません。空の墓を指し示して「さあ、遺体の置いてあった場所を見なさい」と。墓には主イエスのお体はありませんでした。

 

では主イエスはどうなったのでしょうか。天使は「かねて言われたとおり、復活なさったのだ」と告げたのです。死者の中から復活なさったのです。天使は、この出来事を弟子たちに告げるように伝言しました。その知らせを聞いた婦人たちは恐れながらも大いに喜んで、弟子たちのもとに走って行ったのです。その婦人たちに復活の主イエスは現れ、「おはよう」と励まして下さいました。主イエスは復活され生きておられるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です