2021年3月7日 礼拝説教要旨

キリストに従う  

三好 晴夫 牧師

マタイによる福音書 第16章13-28節

             

  主題聖句:それから、弟子たちに言われた。「わたしについて来たい者は、自分を捨て、自分の十字架を背負って、わたしに従いなさい。

           マタイによる福音書 第16章24節

 主イエスを信じ従うとはどういうことでしょうか。それが今日の箇所に教えられています。

 

ある時、主イエスは弟子たちに「わたしを何者だと言うか」とお尋ねになりました。するとシモン・ペトロは「あなたはメシア、生ける神の子です」と答え、その告白を主イエスは喜ばれました。この告白を聞かれた主イエスはこの時から、弟子たちに、ご自分が救い主としてどんな働きをされるかはっきりと語られたのです。すなわち、必ずエルサレムに行き、ユダヤの指導者たちから多くの苦しみを受けて殺されるが、三日目に復活することになっているという神の御計画を語られたのです。

 

しかし、ペトロには全く理解できません。善意で主イエスをおいさめしたのです。それに対して主イエスは「サタンよ、引き下がれ」としかり飛ばされました。主イエスとしては神のことを思い、神の計画に従って十字架の道に進もうとされていたからです。そう語られた後、主イエスは弟子たちに今一度「わたしについて来たい者は」どうあるべきかを語られました。「自分を捨て」自分の中に絡みつく執着する自分を手離し、「自分の十字架を背負って」主イエスのゆえに負わされる苦しみを負って、主イエスに従うなさいと招かれたのです。主イエスは信頼する者を導かれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です