2021年1月24日 礼拝説教要旨

宣教の始まり

三好 晴夫 牧師

        マタイによる福音書 第4章12-17節         

      

主題聖句:そのときから、イエスは、「悔い改めよ。天の国は近づいた」と言って、宣べ伝え始められた。  

マタイによる福音書 第4章17節

 

主イエスは、ガリラヤのカファルナウムの町に住んで、その町を拠点にして宣教を始められました。「悔い改めよ。天の国は近づいた」というメッセージを宣べ伝えられたのです。

 

「天の国」は、福音書記者マタイの独特な表現です。マルコ福音書では、「神の国」と表現されています。同じ意味です。当時のユダヤ人が「神」という言い方を避けているところから、マタイも神という言い方を避けて「天の国」と言ったのです。「天の国」とは、一定の領域、場所と言うよりも、神が王として支配しているという、神の働きそのものに着目した言葉です。神の支配、神の統治と言う意味です。「天の国が近づいた」とは、神のご支配が神の御子イエスにおいて今や到来したということです。主イエスは、ご自分において神のご支配がここに到着したと語ったのです。

 

それゆえ、主イエスを通して現された神のご支配を認めて、神との正しい関係に入れと勧めるのです。悔い改めよ。方向転換して神に立ち返れと勧められるのです。

 

主イエスは、神の国について教え続け、神に立ち返るように語り続け、そうなるように十字架の道に進まれました。ですから神のご支配は主イエス・キリストにおいて私たちのすぐそばにあります。しかし、私たちはこの神を離れてしまい、神から背いて自分勝手な道に進みやすいものです。そんな私たちに主イエスは、なおも悔い改めを呼びかけておられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です