2020年12月27日 礼拝説教要旨

救い主を求めて

三好 晴夫 牧師

マタイによる福音書 第2章1-12節

 

主題聖句:「ユダヤ人の王としてお生まれになった方は、どこにおられますか。わたしたちは東方でその方の星を見たので、拝みに来たのです。」

     マタイによる福音書 第2章2節

 

遥か東の方に住む占星術の学者たちがその地で不思議な星を見て、ユダヤにお生れになられた新しい王にお会いしたいと願い、ユダヤへと旅をし、まことの王としてお生まれになった幼子イエスを礼拝し贈り物をささげたことを覚えたいと思います。

 

彼らが星を調べているとき、特別に輝く星を見つけ、この星はユダヤで新しい王が誕生したことを示すものと確信したというのです。それは、ペルシャ地方に住むユダヤ人たちから、自分たちを救うために新しい王がお生れになるという預言があり、その成就を待っているということを聞いていたからだと思います。この特別の星の動きとその預言から、ユダヤ人の新しい王の誕生を知らせる星だと確信した彼らは、この王は世界を治める王になられるお方だと信じ期待してこのお方を拝みたいと強く願って、ユダヤのエルサレムへと向かったのです。

 

しかし、彼ら学者たちが、エルサレムで「ユダヤ人の王としてお生まれになった方は、どこにおられますか」と尋ねたところ、王もエルサレムの人々も不安を抱くばかりでした。メシアはどこに生まれることになっているかを示す預言の言葉(ミカ5:1)が手がかりとなり、彼らが出かけていったところ、幼子イエスにお会いできました。彼らの願いを主は預言によって導いて下さいました。求める者を、主は導かれるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です