2020年8月16日 礼拝説教要旨

 分け隔てのない神の裁き 

三好 晴夫 牧師

ローマの信徒への手紙 第2章6-11節

 

主題聖句:神はおのおのの行いに従ってお報いになります。

                               ローマの信徒への手紙  第2章6節

 

現在、コロナ感染拡大、厳しい暑さなどの過酷な環境の中、私たちは随分我慢を強いられて過ごしています。その中、自己中心的な行動をして周囲を困らせる行動を間近で見聞きすると、私たちは腹が立ちます。そのような行動に対して、神が正しく裁いてほしいと思います。

 

パウロは、「この怒りは、神が正しい裁きを行われる怒りの日に現れるでしょう。」(5節)と語り、世の終りの時、神の裁きは正しく下ると教えています。

 

その最期の審判は、「おのおのの行いに従って」神がお報いになられるというのです。私たちはこう聞くと、周囲の人たちの悪い行動に対しては、そのような正しい裁きを期待します。しかし、自分については、自分は主イエスを信じて罪を赦して頂き、永遠の命を頂いているのだから、これ以上に善い行いをさらに加えないといけないのはおかしいと思いやすいのです。でも、パウロは、主イエスの救いを信じている人であっても、世の終わりの時、自分の行いに応じて報いを受けることになるというのです。コリント第二5章10節には「なぜなら、わたしたちは皆、キリストの裁きの座の前に立ち、善であれ悪であれ、めいめい体を住みかとしていたときに応じて、報いを受けねばならない」と語ります。私たちは希望を持って耐え忍び神に喜ばれることを求めて行くとき、神は永遠の命を与えられ、自己中心で不義に歩む者に怒りがある。心の奥底まで知り報われる神を信じよう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です