2020年5月24日 礼拝説教要旨

 生きた水の流れ 

三好 晴夫 牧師

ヨハネによる福音書 第7章32-39節

主題聖句:イエスは立ち上がって大声で言われた。「渇いている人はだれでも、わたしのところに来て飲みなさい。  

ヨハネ福音書第7章37節

 

今日は、教会の暦では、キリストの昇天を覚える時です。主イエス・キリストが地上を離れて天の父のもとに上っていかれた恵みを覚えたいと思います。

 

主イエスはご自分がこの世を去って天の父のもとに帰る時が近づいた時、地上に残していく弟子たちに、弁護者である聖霊を送ることを約束されました。この聖霊はまことの弁護者として弟子たちと共にいて、彼らを守られます。この弁護者が、イエスを信じる者に与えられるように、主イエスは天の父のもとに上っていかれるのです。

 

主イエスはこの約束の聖霊を受けるように、招きの言葉を語られました。「渇いている人はだれでも、わたしのところに来て飲みなさい」。作物が育つために水分が必要であり、水分がないと作物は枯れてしまいます。私たちの身体にも適度な水分が必要であり、水分がないと弱ってしまいます。私たちの魂にも、「生きた水」、神様の霊的な祝福が必要です。この霊的な祝福である聖霊が私たちの内にあるとき、私たちは祝福されます。この祝福をいただくために、主イエスは、「渇いている人はだれでも、わたしのところに」と呼びかけておられます。私たちは神様の慈しみがもっとほしいと思っているでしょうか。渇いて主イエスに信頼するとき「生きた水」聖霊をいただくことができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です