2020年4月12日 礼拝説教要旨

 空っぽの墓 

三好 晴夫 牧師

マタイによる福音書 第28章1-10節    

  あの方は、ここにはおられない。かねて言われていたとおり、復活なさったのだ。さあ、遺体の置いてあった場所を見なさい。

                            マタイによる福音書 第28章6節

教会の暦では、今日は、主イエス・キリストが神の全能の御力によって罪と死とを打ち破って復活されたことを覚えるイースターです。

 

人はいつか死にます。死んだらもう終わりというのが科学的常識です。そうなのですが、不思議なことなのですが、神様のなさった御業として、主イエス・キリストが確かに復活されたと、目撃した弟子たちが、私たちに証言して、その御業を伝えているのです。

 

確かに主イエスはゴルゴダの丘で十字架刑に処せられて死なれました。その時、そばで見守っていた婦人の弟子たちも主イエスは死なれたと受け止め、新しい墓に納められるのを見届けました。彼女たちには、それしかできなかったのです。ですから、安息日が終り、週の初めの日の明け方になったとき、急ぐように彼女たちは主イエスの納められた墓にやって来たのです。すると、突然大きな地震が起こり、天使が墓を塞いでいた大きな石を転がし、その石の上に座ったのです。彼女たちは恐れました。「恐れることはない」と語り、彼女たちの思いを見抜いて「あなたがたはイエスを捜しているだろうが、あの方はここにはおられない。復活なさった」と、主イエスが死を打ち破って復活され、今生きておられると示されたのです。墓の中を見なさいと示唆されました。「かねてから言われたとおり」すなわち前もって主イエスが予告されていた通り神の御計画がなったのだと知り、彼女たちは復活を知り恐れつつ喜んだのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です