2019年12月8日 礼拝説教要旨

 主の道をまっすぐにせよ

三好 晴夫 牧師

ヨハネによる福音書 第1章19-28節

 

主題聖句: ヨハネは、預言者イザヤの言葉を用いて言った。「わたしは荒れ野で叫ぶ声である。『主の道をまっすぐにせよ』と。」

ヨハネによる福音書 第1章23節

 

今日待降節第二主日の主題は、洗礼者ヨハネの証言を聞くことです。

 

洗礼者ヨハネが現れたのは、主イエスが公に救い主としての働きをする少し前でした。マルコ福音書1章によると、ヨハネが荒野に現れて、罪の赦しを得させるために悔い改めのバプテスマを宣べ伝えたところ、そのメッセージを聞いた人々は、次々と自らの罪を告白し、ヨルダン川で彼から悔い改めの洗礼を受けて行ったのです。そのことにただならぬ不穏な状態を感じた、エルサレムのユダヤ人指導者たちは、祭祀やレビ人を送ってヨハネに問いただしたのです。「あなたはどなたですか」と。

 

ヨハネは公言して隠さず「わたしはメシアではない」と言い表したのです。絶対にそういう者ではないと打ち消したのです。それでは「何ですか、あなたはエリヤですか。あなたはあの預言者ですか」と尋ねてきたのですが、ヨハネは「違う」と否認しました。それで、彼らは少し安心したようですが、「それではいったい、だれなのです。あなたは自分を何だと言うのですか」と聞いてきました。それでヨハネがした答えが、上記のみ言葉でした。「わたしは、荒れ野で叫ぶ声である。『主の道をまっすぐにせよ』と。」 王が地方に出かける時、先駆けが前もって出かけて行って王を迎える備えを指示するように、ヨハネは救い主が来られるにあたり、人々に救い主を迎える備えを呼びかけるのだと言う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です