2019年9月15日 礼拝説教要旨

天の故郷をめざして

三好 晴夫 牧師

ヘブライ人への手紙 第11章8-16節

 

 

主題聖句:この人たちは皆、信仰を抱いて死にました。約束されたものを手に入れませんでしたが、はるかにそれを見て喜びの声をあげ、

 

                   ヘブライ人への手紙11章13節 

今日記念する召天された教会員の方々は皆、神によって生を受け、ある時、主の憐れみをよって信仰を抱いて生かされて、主のお召しを受け主の御許に眠っておられる方々です。

 

今日の箇所には「この人たちは皆、信仰を抱いて死にました」とあります。ここに記されたアブラハムも、信仰を抱いて死んだ一人です。どんな信仰を抱いていたかというと、主から、主の示す地に行け、そうすれば、あなたも子孫も祝福されるという約束を信じて、行き先を知らずに主の命に従ったのです。生きている間には約束の土地は与えられませんでしたが、「はるかにそれを見て喜びの声をあげ」で信じて歩みました。そして定めのときに本当の故郷である永遠の地に住むという恵みが与えられることを期待して生きたのです。

 

信仰の先輩方も地上が全てではなく、その先に備えられた本当の故郷をめざして歩んだのです。それは、主イエス・キリストの成し遂げられた救いによって罪の赦しが与えられ、永遠の命の希望を与えて頂いたからです。このキリストの真実に触れて、このキリストを信じて、天の故郷をめざして歩まれたのです。キリストのおられるところの天の故郷に行きたいと願ったからです。このような先輩たちの信仰の姿を覚えて、私たちもキリストを信じて天の故郷をめざして歩みましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です