2019年8月18日 礼拝説教要旨

 主を頼みとして勇敢に

三好 晴夫 牧師

使徒言行録 第14章1-7節

 

主題聖句:それでも、二人はそこに長くとどまり、主を頼みとして勇敢に語った。主は彼らの手を通してしるしと不思議な業を行い、その恵みの言葉を証しされたのである。   

使徒言行録 第14章3節 

皆がイエス・キリストによって救いを得て、幸せになってもらいたいのですが、同じ願いを持っている人は、そう多くないかもしれません。それは、人々がキリスト教についてあまりよく知っていないということもあるでしょう。それだけでなく、キリスト教の伝える救いの真理が、人々には受け入れがたい所があることも関係あるのかもしれません。

 

今日、表立って、キリスト教に対して迫害はありませんが、誤解や偏見を受けることがあります。そんな困難にぶつかった時、どうすべきなのでしょうか。今日の箇所で、パウロは「それでも、主を頼みとして勇敢に語った」と言うのです。

 

パウロの味わった迫害は、救い主イエスを信じるならば、罪赦され、義とされるという救いを真っ直ぐに語ったゆえに、信じようとしないユダヤ人から、攻撃を受けたことです。パウロが、人間の努力では神の戒めを守れない、自分の罪を認めて、悔い改め、イエスを信じて救われよと大胆に語ったゆえに、人々から反対を受けたのです。

 

そういう中でも、パウロとバルナバはそこに長くとどまり、主イエスを本当に頼って、大胆に語り続けたのです。そうできるように、主は彼らを助けて、神様は恵み深いということが明らかになるように、病気の人を癒やしてくださいました。主を頼って伝える者を、主は支えられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です