2018年6月24日 礼拝説教要旨

指導者モーセ

三好 晴夫 牧師

使徒言行録 第7章17-38節

主題聖句:この人がエジプトの地でも紅海でも、また四十年の間、荒れ野でも、

        不思議な業としるしを行って人々を導き出しました。  

使徒言行録 第7章36

 有力な説教者ステファノが明確にイエスは救い主であることを語るので、人々は彼を最高法院に引き出して訴えたのです。この男は神とモーセと律法を冒涜していると。その訴えに対して、弁明したのが7章の言葉でした。今日の箇所では、モーセを中心に、モーセの生い立ち、モーセが神によってどのように指導者として働いたかを語りました。

 
モーセが生まれたころは、ヨセフを知らない王がエジプトを支配し、大勢になったイスラエルの人々を増えないように策略をめぐらし、イスラエルの人々を虐待し苦しめました。そんな中、生まれたのがモーセでした。彼が川に捨てられようとしたとき、不思議にもエジプトの王女によって助けられ、エジプトの教育を受けました。そのモーセが40歳になった時、自分の兄弟であるイスラエルの民を助けようと思い立ったのですが、同胞に受け入れられず、逃げてしまいました。それから40年経ったとき、シナイ山の荒野で、神は彼に現われ、エジプトで苦しむイスラエルの苦しみと嘆きを見たから、彼らを救うためにわたしはあなたを遣わすと命じられたのです。その使命を受けてモーセはエジプトに行き、エジプトの王と対決し、神の不思議な業としるしによって勝利し、人々を紅海や荒野でも導きました。このモーセは確かに立派な指導者でしたが、それ以上に神の民を罪から解放するお方が導いておられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です