2017年3月19日 礼拝説教要旨

最後の晩餐

三好 晴夫 牧師

マルコによる福音書 第14章12-26節

 

主題聖句:一同が食事をしているとき、イエスはパンを取り、賛美の祈りを唱えて、それを裂き、弟子たちに与えて言われた。「取りなさい。これはわたしの体である。」    

マルコによる福音書1422

 

 主イエスの最後の晩餐は、過越の食事であったと、マルコによる福音書は記しています。「除酵祭の第一日」にユダヤ人たちはこの日から1週間家中からパン種を除き過越の日と出エジプトの救いの出来事を思い起こし過越の食事をしたのです。

 

 弟子たちも当然のようにして過越の食事を準備しようとしたとき、主イエスによって指定された場所に行き、過越の食事の準備をし、そのように準備された場所で、主イエスと12人の弟子たちは一緒に席につき食事をしました。

 

その食事の席で、主イエスは聖餐式を制定されました。主イエスはパンを取り、それを裂き、弟子たちに与えて言われました。「取りなさい」

 

「取りなさい」とは、あなたはこれを取って食べなければならないという主イエスの命令です。主イエスは、ご自分が弟子の裏切りによって捕えられて殺されることを知っておられました。その主を裏切る弟子や主を見捨てていく弟子たちのために、パンを裂くように、主御自身はご自分の体を裂かれるのです。それを取りなさいと命じられたのです。「これはわたしの体である」。これは主イエスの体そのものであると示されました。ご自分の全部を、十字架でご自分の肉体を引き裂かれることによって与えられるのです。信仰をもって頂く時、私たちにキリストが命を与えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です