2016年12月25日 礼拝説教要旨

 大きな喜び

三好 晴夫 先生

ルカによる福音書 第2章8-20節

主題聖句:「天使は言った。『恐れるな。わたしは、民全体に与えられる大きな喜びを告げる。今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった。この方こそ主メシアである。』

ルカによる福音書211,12

                         

クリスマスおめでとうございます。今日は、1年の最後の日曜日でもあります。1年の恵みを振り返り感謝ながら、クリスマスに現された主の恵みを覚えましょう。

 

救い主の誕生の知らせを最初に受けたのは、ベツレヘムの野原で野宿しながら夜通し羊の番をしていた羊飼いたちでした。彼らは、他の人々のように住民登録の知らせを受けて登録に出かけて行った様子がありません。職業柄、安息日に神殿に礼拝に行くこともできません。戒めを守らず、神から遠い人たちでした。そんな彼らのところに、救い主の誕生の知らせが最初に届けられたというのです。なぜ彼らに知らされたのでしょうか。それは、天使の御告げの言葉に示されているように、その知らせが「民全体に与えられる大きな喜び」であったからです。神から遠い人々にも、神は何としても大きな喜びを知らせて、彼らと一緒に喜びたいと思われたことを示しています。

 

では、この大きな喜びとは何でしょうか。それは、「今日、ダビデの町であなたがたのために救い主がお生まれになった」ということです。「あなたがたのために」すなわち、羊飼いたちはじめ、神から離れてしまって、神の恵み、喜びを失っていた人たちのためにということです。そのような人々に、神は御子を救い主として送ってくださったのです。この救い主が私たちに神の愛を伝え、私たちを救い出してくださるのです。喜び感謝しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です