2016年12月11日 礼拝説教要旨

 主の道を備えよ

三好 晴夫 牧師

ルカによる福音書 第1章5-25節

主題聖句:「彼はエリヤの霊と力で主に先立って行き、父の心を子に向けさせ、逆らう者に正しい人の分別を持たせて、準備のできた民を主のために用意する。」                       ルカによる福音書第117

 

 

今日は、間もなくおいでになる救い主に先立って、救い主を迎えるための心備えをした洗礼者ヨハネの誕生とその働きについて学びます。

 

時は、ユダヤの王ヘロデ(紀元前37年~紀元前4年の在位)の時代です。ユダヤでザカリアという祭司が、主の聖所の中で香をたいていたとき、天使が現れて、年老いたザカリア夫婦に男の子ヨハネが生れること、そのヨハネが、人々を神である主のもとに立ち帰らせる役目をすると告げたのです。

 

そのヨハネは、人々が救い主を迎えることができるように、準備の出来た民を用意するのです。「父の心を子に向けさせ」るのです。すなわち、父親がしっかりと子どもに自分の心を向けて、父親の愛の思いを子に表すように、ヨハネが働きかけるというのです。親が子を愛し、受け入れるように働きかけるというのです。「逆らう者に正しい人の分別を持たせ」るのです。「逆らう者」とは、すべての人間の姿です。私たちは神によって創造され生かされているのですが、神をよく知りません。神を意識せず、自分勝手にわがままに生きてきました。そんな私たちが正しい人の分別を持たなければなりません。何が神に喜ばれるのか、神のみ思いを知らなければなりません。人々が神に心を向け、神を知り、神を信じたいと思うように、していく役目をヨハネがするのです。事実、ヨハネは神に立ち帰るように勧めました。

 

それほどに神様ご自身が、私たちを整えて導こうとしてくださるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です