2016年11月27日 礼拝説教要旨

 主の救いの希望

三好 晴夫 牧師

イザヤ書 第2章1-5節

ローマの信徒への手紙 第13章11-14節

主題聖句:「終わりの日に/主の神殿の山は、山々の頭として堅く立ち/どの峰よりも高くそびえる。国々はこぞって大河のようにそこに向かい。」

                                イザヤ書第22

 

 

私たちの住む現実世界は、様々な危険や脅威に取り囲まれていて、不安と恐れがあります。そういう中で、私たちはすべてを支配しておられる神様を信じて過ごしています。神様を信じるということは、その厳しい現実を、神様がどう見ておられ、神様がどのような約束を私たちに与えておられるか、その約束を信じることです。「今がどんな時であるか」(ローマ13:11)。私たちとしては厳しい現実であっても、今が、神様が与えている特別の時であると覚えることです。厳しい現実の中にも、神様の与えられる約束に、希望を持って生きるべきなのです。

 

今日の箇所イザヤ書2:2~5には、「終わりの日」すなわち、夜の終わりの時に、エルサレムは偉大さを表すとある。その偉大さとは、神様の臨在と教えの偉大さです。それゆえ、国々の人々がそこに教えを求めて集まるというのです。その教えに基づいてすべてが正しく裁かれます。その教えに基づいて平和が起こるのです。ですから、預言者イザヤは、神様の教えの光の中を歩もうと呼びかけています。しかし、当時の人々はイザヤの伝えた言葉に耳を傾けず、悔い改めず、神の裁きを受けて、国が滅び、苦難を味わいました。

 

そういう中でも、イザヤの語った、神の救いの約束が、主イエス・キリストの来臨と十字架と復活の御業によって実現しています。主イエスを信じる者に赦しといのちが与えられるのです。主イエスの救いこそ、希望です。

                                       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です