2016年10月30日 礼拝説教要旨

 はっきり見える

三好 晴夫 牧師

マルコによる福音書 第8章22-26節

主題聖句:「そこで、イエスがもう一度両手をその目に当てられると、よく見えてきていやされ、何でもはっきり見えるようになった。」

                   マルコによる福音書第825

                   

 

 私たちは、霊的に盲目な状態にあります。そんな私たちの霊的な目が開かれ、見えるようになるように、イエスご自身がメシア(救い主)と分かるように、主イエスは導かれるお方です。そのことを、主イエスは、今日の箇所で、一人の盲人が、主イエスの御業にあずかって、目が開かれ、はっきり見えるようになった出来事を通して、示しておられます。

 

この盲人と主イエスが出会う前、主イエスと弟子たちは舟の中でした。その時、弟子たちはパン一つしか持って来なかったことを気にしていました。でも主イエスはそれを気にしておられるではなく、不信仰にならないように、今ここにすべてを与える主イエスがいることを悟ってほしかったのです。でも、このとき、弟子たちは悟っていなかったのです。

 

そんな彼ら弟子たちが、主イエスが救い主であることを正しく理解できるように、盲人の目を癒される御業をお見せになったのです。

 

主イエスと弟子たちがベトサイダに着いた時、人々が一人の盲人をみもとに連れて来て、触れていただきたいとお願いしました。すると、主イエスはその盲人を深く憐れみ、その盲人の手を取って、村の外に連れ出されました。そこで、その人をしっかりと見つめられ、彼の両目に唾をつけ、ご自身の両手を置かれました。彼の反応を確かめながら、御業をなさり、はっきり見えるようになりました。この御業を間近で見た弟子たちも、このようになさる方が誰なのか、よりはっきりと分かるように導かれました。この方が、救い主と正しく理解できるように導かれたのです。主が触れて導かれたのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です