2016年10月23日 礼拝説教要旨

 開 け

三好 晴夫 牧師

マルコによる福音書 第7章31-37節

主題聖句:「そして、天を仰いで深く息をつき、その人に向かって、『エッファタ』と言われた。これは、「開け」という意味である。」

                   マルコによる福音書第734

                   

 

  今日、耳が聞こえず舌の回らない人と、主イエスとの出会いを見つめます。主イエスがガリラヤに戻って来られたとき、人々は、耳の聞こえず舌の回らない人を連れて来て、その上に手を置いてくださるように願いました。その人々は、困って苦しんでいるその人を何とか助けたいと思い、主イエスにお願いすれば、何かしていただけるのではないかと思ったのです。

 

すると、主イエスは、その人だけを群衆の中から連れ出し、指を彼の両耳に差し入れ、それから唾をつけてその舌に触れられました。主イエスは、その人の苦しみを、ご自分の身体にくっつけるように触ってくださったのです。そして、「天を仰いで」すなわち、天の父なる神様を見上げて、天からの力を願う祈りをされたのです。「深く息をつき」すなわち、呻かれたのです。主イエスは、ご自分を、耳が聞こえない人の立場に身を置かれ、その苦しみを自らの苦しみとして呻かれたのです。このことは、主イエスは、この人の癒しを行うのに、抱える困難と激しく闘って全力を投入して成し遂げられたことを示しています。

 

そして主イエスは「その人に向かって、『エッファッタ』と言われた。これは、『開け』という意味である」。すると、彼の耳が開き、舌のもつれが解け、はっきりと話すことができるようになったのです。

 

この出来事を知った人々は驚き、神を賛美しました。それは、預言者イザヤの預言である「聞こえない人の耳が開く、口のきけなかった人が喜び歌う」ことが、その通り、この主イエスにおいて、実現したからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です