2016年10月16日 礼拝説教要旨

 

 安心しなさい。わたしだ。

三好 晴夫 牧師

マタイによる福音書 第14章22-33節

主題聖句:「イエスはすぐ彼らに話しかけられた。『安心しなさい。わたしだ。恐れることはない。』」                  

  マタイによる福音書第1427

                   

 

  自分としてはひたすら努力しているのに、前に進まずどうにもできない事態に出くわすことがあるのではないでしょうか。今読みます聖書の箇所の弟子たちも、自分の力ではどうにもできない状況に出くわしたのです。それをどう乗り越えたのか、どう助けられたのかを見ていきたい。

 

弟子たちは、主イエスに強いられて、自分たちだけで舟に乗って向こう岸に向かうように指示され、ガリラヤ湖を渡り始めていました。主イエスは一人になって山で祈りの時を持たれていました。そんな時、突然、逆風が襲ってきて、舟は前に進めなくなり、強風に吹き戻される状態になりました。

 

そんな状態が夜明け前(午前3時ごろ)まで続きました。弟子たちはどんな気持ちで、何とかしようともがき苦しんでいたのでしょうか。そんな時に、何かわからないのですが、白い物体が自分たちの方に近づいてきたのです。それは湖の上を歩いてどんどん近づいてきます。彼らはそれを恐怖と感じ、思わず幽霊だと叫びました。まさにその時、白い物体から力強い声がかかりました。「安心しなさい。わたしだ。恐れることはない。」

 

声の主は、自分たちを導いてくださっているあの主イエスその方でした。主イエスが、自分たちを助けるために来て下さったのです。「わたしだ」と言われた主イエスが、共にいてくださるのです。そうと分かって恐れから安心に変わりました。私たちの人生にも、前に進めなく行き詰まりを覚えて、もがき苦しむことがあります。そんな時、弟子たちと同じように、恐れや不安と不信仰に陥ってしまうかもしれません。そういう私たちに、主イエスは近づいてくださり、安心しなさい、わたしが共にいると呼びかけて下さいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です