2016年9月18日 礼拝説教要旨

 復活の希望

三好 晴夫 牧師

テサロニケの信徒への手紙一 第4章13節-18節

 

主題成句:「イエスが死んで復活されたと、私たちは信じています。神は同じように、イエス信じて眠りについた人たちをも、イエスと一緒に導き出してくださいます。」 

 テサロニケの信徒への手紙一 第414

 

 

今朝は召天者記念礼拝を持っています。記念するとは覚えることです。先に神のもとに召されて行かれた方々が、生前、どのような歩みをして、共に過ごしたかを憶え、その生涯を導かれ、私たちをも導いておられる神様を見上げて、ほめたたえる時を持っています。

 

実際に、先に召された方々を覚えることは、悲しく辛いことです。以前肉声をもって語ってくれたあの元気な姿を見ることは出来ません。その人に語りかけて、その人からの返事を肉声で聞くことは出来ません。今もなお耐え難い悲しみにあふれます。その事実は大きいです。ですけれども、もう一つの事実にも目を留めたいのです。故人が人生の中で行き詰まりを覚えた時、神の憐れみによって主イエス・キリストの成し遂げられた十字架の救いを知り、その救いを自分の救いとして信じ受け入れ、自分の罪の赦しを受け、神の復活の命にあずかり、主イエスに導かれて過ごされたと言う事実です。ある方にあっては人生の最終の場面で、家族の愛と祈りの中で、信じるように導かれて、神のみもとに導かれた方もあります。それぞれの人生が神によって導かれ、幸いな人生を過ごされたのです。それで、故人はその信仰のゆえに、救われ、神のいのちによって神に導かれて今は神のみもとにあります。

 

私たちはいつか死を迎え、神のご支配の中に行きます。その場所は人間の造った場所ではなく、神の備えられる住まいです。先に召された方々はそこで眠っておられ、主イエスが死者の中から復活された御業のゆえに、主イエスとともに導かれ、主と会うのです。私たちも共に待望したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です