2016年6月26日 礼拝説教要旨

深き憐れみ

三好 晴夫 牧師

マルコによる福音書 第1章40-45節

主題聖句:「イエスは深く憐れんで、手を差し伸べてその人に触れ、『よろしい。清くなれ』と言われると、たちまち重い皮膚病は去り、その人は清くなった」 

マルコによる福音書1章41、42節

 

 

 今日は、重い皮膚病を患っていた人が、主イエスに自分の病気の清めをお願いして、清めていただいた出来事から、主イエスの御業を学びます。

 

彼の抱えていた病気は、重い皮膚病でした。体の皮膚の腫物、湿疹などの皮膚の疾患でした。当時、この病気の治療法がなくて、直るまで人々から離れて独りで住まなければなりませんでした。そのために、このような病気にかかった人は病気の苦しみや悲しみを抱えるだけでなく、仲間から隔離され、差別や軽蔑を受け、大変な悲惨な生活を強いられていたのです。

 

彼は、主イエスが近くに来られたことを知って、主イエスのところに行き、ひざまずいて「御心ならば、わたしを清くすることがおできになります。」とひたすらお願いしたのです。ひざまずくという謙虚な態度ですが、主イエスがお望みになるならば、この私を必ず清めてくださると信じますと、堅く信じて願っているのです。

 

このひたすらな願いを聞かれた主イエスは深く憐れんで、手を指し伸べてその人に触れ」られました。「深く憐れんで」と訳される言葉は、はらわたのよじれるようなとも訳される言葉です。主イエスはこの人の苦しみに、ご自分の内臓が震えるような、痛みを感じるような憐れみを抱いて下さったのです。その愛と憐れみのゆえに、手を差し伸べてその人に触れてその人の痛みすら感じ取って、「わたしの心だ。清くなれ」と言って癒し、清めてくださいました。主イエス・キリストは、今も私たちの抱える罪のための苦しみをも、深い憐れみをもって清め癒してくださるお方なのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です