2016年5月29日 礼拝説教要旨

主題聖句:「あなたがたの中で善き業を始められた方が、キリスト・イエスの日までに、その業を成し遂げてくださると、わたしは確信しています」。

フィリピの信徒への手紙1章6節

 

 

2016年度教会年報の「2016年度の計画―目標」の原稿を書くように求められ、これまでの教会年報や役員会議事録などを読むうちに、松山協同キリスト教会の多くのすばらしさが見えてきました。約百年の長い歴史の中、色んな事があった中にも、皆さんの熱い信仰と忠実な奉仕があって、礼拝がささげられ、伝道の働きが続けられてきたことが分かりました。そういう善い働きがあったことを思った時、私の心に示された御言葉が、上記の言葉です。

 

この御言葉は、牢獄に捕らえられて苦しむ使徒パウロが、フィリピの教会に宛てた手紙の一部です。パウロは、フィリピの教会のこれまでの歩みを覚えて、神様に感謝をささげています。その上で、これからの歩みについて語っているところです。フィリピの教会の人々の中で始められた「善き業」とは、キリストによって与えられる救い、福音のことです。「善き」業ということは、自分にとって本当にありがたい善いものであるということです。

 

善き業の始まりはパウロが御言葉を伝え、人々がそれを素直に受け入れたことから始まったのですが、彼らが信仰を持つように導かれたのは、神様です。神様がそのように導かれたのです。神が始められたからこそ、その善き業の歩みは、キリスト・イエスの日、すなわち、終りの救いの時までに、必要なこと一切を神が成し遂げてくださる。これが、パウロの確信です。そして、私たちの確信となりうることです。善き業をお始めになった方は、決して中途半端で投げ出されない、真実な神様です。真実な神に導かれて進もう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です