2016年5月8日 礼拝説教要旨

求め続ける信仰

三好 晴夫 牧師

マタイによる福音書 第15章21-28節

 

主題聖句:女は言った。「主よ、ごもっともです。しかし、小犬も主人の食卓から落ちるパン屑はいただくのです。」

マタイによる福音書15章27節

 

 

  主イエスがティルスとシドンの地方に行かれた時、その地方に住む一人の婦人がみもとに来ました。主イエスを救い主と知って、「主よ、ダビデの子よ」と呼びかけ、自分の娘の病気の癒しを願い、「わたしをあわれんでください」と叫びました。

 

しかし、主イエスは何もお答えになりません。しばらくしてその理由を示されました。「わたしは、イスラエルの家の失われた羊のところにしか遣わされていない」のだとお答えになりました。救い主として、何よりもまず神の選びの民であるイスラエルを救い出すことが、ご自分の優先すべき使命だと言われたのです。

 

そう言われても、なおこの婦人はなおも必死に助けを求めました。しかし、主イエスは「子どもたちのパンを取って、小犬にやってはいけない」と言いました。この言葉だけを聞くと、主イエスは何と冷酷な人と思われるかもしれません。よく聞くと主イエスのユーモアと愛があります。小犬という、かわいがられているペットと呼ばれたのです。

 

これを聞いた婦人は主イエスの言葉を当然と受け入れ、自分は小犬のような小さな者ですが、神のあふれる祝福から、こぼれ落ちる祝福を頂きたいと求めたのです。このような、神の御心を受け止めつつ、へりくだった婦人の信仰を、主イエスは喜び、願いに答えてくださいました。   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です