2016年4月10日 礼拝説教要旨

 信じる者になれ

三好 晴夫 牧師

ヨハネによる福音書 第20章24-29節

 

主題聖句:それから、トマスに言われた。「あなたの指をここに当てて、わたしの手を見なさい。…信じない者ではなく、信じる者になりなさい。」

ヨハネによる福音書20章27節

 復活された主イエスは、トマスにも復活の姿を現されました。

 

主イエスが復活されたその日、すなわち日曜日の夕方、その彼ら弟子たちが隠れているその場所に、主イエスは入って来られ、あいさつをされ、御自身の十字架刑でできた釘の跡のある両手と、槍で刺された傷跡のある脇腹を示されたのです。それを見た弟子たちは、主イエスの復活を知って喜びました。しかし、その場に、弟子のトマスはいませんでした。

 

その後、トマスが戻ってきて、ほかの弟子たちから、「私たちは主を見た」と聞いて、彼はそれを全然受け付けられず、「あの方の手に釘の跡を見、この指を釘跡に入れてみなければ、わたしは決して信じない」と言いました。

 

でも、そんな信じられない中にも、トマスは仲間のことを大事に思って離れないでいたのです。とにかく、この群れの中にいたのです。

 

1週間後、トマスと弟子たちが皆、家の中にいたときに、主イエスが閉ざされていた戸から入って来られました。そしてあいさつをされ、すぐにトマスの心にある疑いを指さすようにして、言われました。

 

主イエスは、トマスに、御自身の手のひらにある釘の傷跡を見せられ、「ここにあなたの指を付けてみなさい。ご自分の脇腹にある、槍で刺された傷跡を見せられ、手を伸ばし入れなさい。」と言われたのです。

 

トマスは、主イエスの復活されたお姿を見、彼の疑いが消え、信じたのです。理屈でわからないと信じないと思っていた私たちですが、復活の主イエスを見た人たちの証言によって復活を信じる信仰が与えられています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です