2015年12月13日 礼拝説教要旨

恐れるな、マリアよ

政所 邦明 牧師

ルカによる福音書 第1章26-38節

 

 

 主題聖句:「わたしは主のはしためです。お言葉どおり、この身になりますように。」

       ルカによる福音書第1章38

  

神の独り子イエス様のお誕生を祝うクリスマスです。しかし、この方がどこで、だれからどのようにお生まれになるか、細かい経緯を知っている人はだれもいません。もちろん「乙女が身ごもって男の子を生む」とか「ユダヤの地方ベツレヘムからイスラエルを治める者が出る」とかは預言書に書かれています。大筋はわかっていても、具体的には知らされてはおりません。神様がご計画を進められるからです。その出来事に出会う人々は、不意を打たれたようで戸惑うばかりでした。マリアもその一人です。

 

結婚もしていない若い田舎の娘が、男性の助けなしに、男の子を生むのです。しかも、その子は救い主だと天使は告げます。マリアにとっては心乱され、悩みを抱え込む事態となりました。自分の力ではどうしようもなくなって無力さを感じたに違いありません。確かにマリアの悩みは私たちと比べることのできない特別なものだったでしょう。それでも、わたしたちも人間の力ではどうにもならない問題を経験します。しかし、神様に全部をお任せしたために、「重荷でしかなかったものが、一変する」ことは信仰の世界でよくあることです。苦悩の中でこそ、神の恵みを知る機会が与えられる…その実例をマリアは証ししてくれました。

 

「お言葉どおりにこの身になりますように」を言い換ると、「神様のお望みになることであれば、わたしはどのような事でもいたします。」となります。条件を付けてはおりません。一切合切をお任せした時、解放される喜びがマリアの心に満ち溢れます。これがクリスマスの喜びなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です