2015年11月29日 礼拝説教要旨

神にだけできる救い

政所 邦明 牧師

マルコによる福音書 第10章35-45節

 

 弟子たちはますます驚いて、『それでは、だれが救われるのだろうか』と互いに言った。」      

  マルコによる福音書第10章26節  

 

「金持ちが神の国に入るのはらくだが針の穴を通り抜けるより難しい。」と弟子たちに主イエス様は言われました。同趣旨の言葉は3度に及びます。財産そのものの良し悪しを言っておられるのではありません。「神様以上に財産を最後の頼みとする者は神の国に入るのが難しい」とおっしゃっているのです。キリストの教会はそのように理解してきました。金持ちであっても、貧しくても、財産を拠り所とする誘惑は同じかもしれません。

 

これだけ、徹底的に言われると「それではだれが救われるのですか」と弟子たちが反応するのもわかります。正直な気持ちだったのでしょう。

 

それに対して「人間にはできなくても、神様にはできる。神様だけが何でもおできになる」と主イエス様はお答えになりました。旧約聖書に何度も出てくる言葉です。しかし子供同士が遊んでいる時でも、あまり深く考えないで「神様は何でもおできになるもん!」と言うことだってあるでしょう。ごくありふれた言い方を用いながら、「救われる」、あるいは「神の国に入る」とはどういうことかを主イエス様は語られるのです。

 

〝神の国〟とは神に支配していただくことです。「神様に頼っているだけでは安心できない。神様に頼っているのは不安だ」と私たちは不敬虔にもつぶやきます。神様に身を任そうとしません。これでは「神のご支配に入れていただいた」とは言えません。神様だけがほんとうの安心をお与えになります。「神様にはおできになる。神様だからこそ、可能だ」だれでも言えそうな言葉で、実は深い真理を主イエス様はお語りになるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です