2015年11月22日 礼拝説教要旨

主イエスに従う

政所 邦明 牧師

マルコによる福音書 第10章17-22節

 

 主題聖句:「あなたに欠けているものが一つある。行って持っている物を売り払い…それから、わたしに従いなさい。」

マルコによる福音書第10章21節 

 

                                  

たくさんの財産を持っている人と主イエス様との対話が始まります。この人が主イエス様に走りより、ひざまずいて尋ねました。その態度からもこの質問が切迫した、真面目な内容であることがわかります。

 

十戒のうちの第5~10番目の戒めをイエス様は答えられました。隣人や父母との関係、日常生活の中で、具体的に第1~第4番目の戒めを守ることこそ、永遠の命を受け継ぐ道だと諭されたのです。1~4では「ひたすらに神様だけを神とし、他のものを神としてはならない」と命令されています。

 

幼い時から戒めを守ってきた自負心がこの人にはありました。その人に向って「あなたに欠けているものが一つある」と主イエス様は言われるのです。石のアーチは最後の要石をはめ込まない限り、ほかの99%をいくら積み上げてもアーチにはなりません。少しの衝撃で崩れてしまいます。この人には財産が神様に代わるものでした。最後は富により頼み、支えにしていたのです。その偶像が心の王座を占めている限り、まことの神様を神様とすることはできません。足りないものがわずか一つでも、それが欠けているために神に従うことのできない決定的な一つだったのです。

 

「神おひとりのほか、善い方は他にだれもおられない」と主イエス様は言われました。主イエス様こそが神を神とされ、ご自分を捨てて、十字架に向って進んで行こうとされています。この方こそ「善い先生」以上の「善い方」つまり、神の独り子イエス様なのです。すべてを捨てて、イエス様に従う時、十字架の救いによって、永遠の命を私たちはいただけるのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です