2015年10月25日 礼拝説教要旨

 

すべての人に仕える

政所 邦明 牧師

マルコによる福音書 第9章30-41節

 主題聖句:「わたしの名のためにこのような子供の一人を受け入れる者は、わたしを受け入れるのである。」   

マルコによる福音書 第9章37節 

                                  

12弟子を代表してペトロが「あなたこそメシアです」と信仰を言い表します。すると「排斥されて殺され、3日の後に甦る」と主イエス様はうちあけられました。自分の先生の身に災難が降りかかるなど、弟子たちは思いもよらなかったことでしょう。十字架と復活を通して人を救うメシアであるとおっしゃったばかりに、弟子たちに動揺が走ります。〝苦難メシア〟を受け入れるために激しい内面の戦いが始まるのです。

 

主イエス様は十字架にむかって進んでゆかれます。しかし、受難を予告されると、弟子たちの本性がクッキリと浮かび上がってきました。彼らは「自分たちの中でだれが一番偉いか」を議論し、のし上がることだけに心を奪われていたのです。「自分の十字架を背負って従ってきなさい」と主イエス様は命令されました。神の子であられるお方が、一番身を低くし、人の救いのために自分の命を献げ、仕えようとしておられます。なのに、それと真反対の方向を弟子たちは目指しています。そこで、主イエスの御心を教えるために子供を弟子たちの真ん中に立たせ、抱き上げられました。

 

子供は無邪気だから中心に立たせたのではありません。子供ではなく、忌み嫌われる病にかかった奴隷を真ん中に立たせられたとしたらどうでしょう。事柄がもっとハッキリしたはずです。値のない、最低の者を主イエス様は受け入れられます。いや罪深い私たちのために十字架にかかってくださいました。主イエス様に私たちは受け入れられているのです。それを恵みと受けとめる時、私たちもまた、人を受け入れることができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です