2015年10月11日 礼拝説教要旨

喜びの旅路

政所 邦明 牧師

使徒言行録 第8章26-40節

 主題聖句:「フィリポは宦官に洗礼を授けた。…宦官はもはやフィリポをみなかったが、喜びにあふれて旅を続けた。」

 使徒言行録 第8章38,39節 

                                  

財務大臣にあたる立場のエチオピアの高官が、伝道者フィリポの導きで信仰を持ちました。フィリポがイザヤ書の言葉から主イエス様の福音を伝え、高官は洗礼を受けたいと言い出します。道の途中に川か、泉があったのでしょう。洗礼を受けて、水から上がるとこの人は喜びに溢れます。誰でもキリストによって救われるなら、新しく造られた人になります。古いものは過ぎ去りました。すべてが新しくなったのです。(コリントの信徒への手紙二 第5章17節) 先週、こちらの教会でも洗礼が行われました。すべての罪が赦されて、キリストと共に歩む人生が始まります。そのことを考えるだけで、心が高鳴ります。教会での洗礼の場面と高官の体験とを重ねてしまいました。高官の喜びはどれほど大きかったでしょうか。

 

当時は、地中海沿岸のいたるところにユダヤ人が住んでいました。その影響を受けて旧約聖書の教えに従い、生きていこうとする外国人も現れます。ただ高官は宦官であったと言います。女帝に仕えることもあり、去勢をしていました。エチオピアのために優れた能力を使おうと禁欲し、自己犠牲も厭わなかったのでしょう。旧約聖書には生殖機能をなくす手術を受けた男性は礼拝をする民に加われないと書いてあります。(申命記23:2)エルサレムに巡礼に行っても神殿の奥までは入れなかったのかもしれません。しかし、そのような旧約聖書のしきたりや国籍を越え、主イエス様は罪から救ってくださいます。「旅を続けた」とあります。その後の高官の人生がどんなに喜びにあふれたものであったのかを示しているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です