2011年12月25日 礼拝説教要旨

主題聖句  「主の天使が近づき、主の栄光が周りを照らしたので彼らは非常に恐れた。」

ルカによる福音書 第2章9節

説教主題「万民のための福音」

  「彼ら」とは「野宿をしながら、夜通し羊の群れの番を」している羊飼いたちです。王宮に住む国の支配者や宗教指導者たちではなく、羊飼いたちがまず、キリストの誕生の知らせを聞きました。当時のユダヤ社会は農業と牧畜とで成り立っています。羊飼いは大切な仕事です。しかし、どちらかというと軽蔑されていました。人口調査のため、人々が自分の町に帰っている時も、羊飼いたちは普段通りに羊の世話をしています。人口調査の目的は課税対象者をハッキリさせ、きっちりと取り立てようとするものです。すると羊飼いは納税義務も免除されていたということでしょうか。確かに羊を追って、その時その時でどこにゆくかわからない人々に「生まれ故郷へ帰って住民登録をせよ」と命令しても、無意味なことです。社会行事に参加することを期待されず、ひたすら夜勤を続ける羊飼いたちは過酷な労働条件に喘ぎ、羊たちを守らなければなりません。
しかも、この人たちをとり巻くのは夜のとばりです。暗闇は死の臭がします。羊を狙う猛獣の遠吠えが聞こえていたとしたら、ぞっとします。生活も楽ではなかったでしょう。〝お先真っ暗〟という日常と将来を闇夜は象徴しているかのようです。社会から相手にされなかったような羊飼いに神の御使は近づいてゆきました。そして救い主の誕生を告げます。暗闇に生活する者たちをまばゆいばかりの神の栄光の輪が包みます。

―人々に希望の光が灯る―これこそが最初のクリスマスなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です