2015年9月6日 礼拝説教要旨

サタンよ 引き下がれ

政所 邦明 牧師

マルコによる福音書 第8章31-33節

 主題成句:「弟子たちを見ながら、ペトロを叱って言われた。『…あなたは神のことを思わず、人間のことを思っている』」 

マルコ福音書第8章33節      

ペトロが「あなたは、メシアです」と主イエス様に信仰を言い表しました。その告白を受けて、これからご自分の身の上に起こる出来事を弟子たちに話しはじめられます。宗教指導者たちから多くの苦しみを受け、排斥されて殺され、3日の後に復活する道をたどられるのです。苦難を受けて人を救うメシアを父なる神様は望んでおられ、お定めになっているのです。

 

自分たちの尊敬する大切な先生が殺されるなどあってはならないと思ったペトロは、聞いた途端に主イエス様をいさめはじめます。

 

「サタン、引き下がれ」とペトロに言われました。師弟関係に上下の秩序があるにしても、ひどい言葉です。ペトロが憎いのではありません。十字架にかかって死に、人の罪を償うあり方こそ、神様の願われる救い主の姿だと断固として言われます。しかし、十字架を避ける道をペトロは無意識のうちに持ち込もうとしました。主イエス様にとっては誘惑になります。〝十字架以外に救いなし〟です。自分たちに幸福をもたらすのが救い主ではありません。人間にいちばん必要なのは罪の赦しです。しかし、心が鈍くなっているため、罪からの救いを人間は切実に求めたりはしないのです。

 

神様からの導きと示しとを受けなければ、わたしたちはどのような救いが必要なのかはわかりません。自分にとって好ましい救いを求めるからです。十字架の死に向って進まれるのは主イエス様にとっても戦いであったに違いありません。しかし、あらゆる誘惑を退け、父なる神の望まれる救い主の姿を追い求め、最後まで従い抜こうとされたのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です