2015年7月5日 礼拝説教要旨

主イエスだけがおられる。

政所 邦明 牧師

ルカによる福音書 第9章28-36節

主題聖句:「 これはわたしの子、選ばれた者。これに聞け。」という声が雲の中から聞こえた。           

ルカによる福音書 第9章35

                                   

主イエスに対して、あなたは「神からのメシアです。」とペトロが信仰を言い表します。すると“自分は、苦しみを受けて殺され、3日目に復活するメシアである”と使徒たちに主イエスは打ち明けなさいました。

 

その8日後、祈るために、12人のうちペトロ、ヨハネ、ヤコブだけを連れて、山に登られます。祈っておられるうちに主イエスの顔の様子が変わり、服は真っ白に輝きはじめます。神の独り子のお姿が現れるのです。

 

さらに旧約聖書の代表モーセとエリヤとが栄光に包まれ、出現します。すでに神のもとに召された二人が再来するのは不思議としか言えません。「イエスがエルサレムで遂げようとしておられる最後」つまり、十字架と復活について主イエスも交え、3人で語り合っておりました。復活され、使徒たちに現れなさった時、旧約聖書をひもときながら、主イエスは「メシアは苦しみを受け、3日目に死者の中から復活する」と言われます。

 

主が殺されると聞かされた使徒たちはショックだったでしょう。それは受け入れがたい事柄だったはずです。しかし、旧約聖書を代表する、モーセとエリヤもまた、死んでよみがえられる救い主を支持し、証言しました。それ以上に決定的なのは「これはわたしの子、選ばれた者。これに聞け」と言われる父なる神様の承認です。主イエスご自身も、旧約聖書も、そして、何よりも父なる神様のお考えも、すべてピタッと重なりました。最後にそのように証言されたイエス・キリスト様だけが3人の前に残っておられたのです。弟子たちの心に強く刻印された光景だったに違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です