2015年5月31日 礼拝説教要旨

語らせる神・聖霊

 

政所 邦明 牧師

 

使徒言行録 第2章1-13節

 

主題聖句:「…彼らがわたしたちの言葉で神の偉大な業を語っているのを聞こうとは。」                 

使徒言行録第2章11

                                   

「聖霊なる神様は、あなたたちのところへ必ず来られます」と主イエスは使徒たちに言われました。「聖霊が使徒たちの上に降られる」…これは、父なる神様の約束でもあります。だから「父の約束を待て!」と主は繰り返されました。その時が復活から50日目にきます。祈って備え、〝聖霊降臨〟を待っていた使徒たちの群れについに聖霊がくだられました。

 

この時、自分たちだけに分かる言葉を使徒たちは語ったのではありません。聞いている人にもちゃんと理解できたのです。5旬祭のため、世界各地からユダヤ人たちが巡礼で、エルサレムに来ていました。土地によって言語も違うはずです。ガリラヤの人々から「神の偉大な御業」を、巡礼者たちは聞くことになります。しかも、“聞いても分かる”のです。これは各地に住むユダヤ人たちにとって驚きであったに違いありません。

 

「わたしたちの言葉で」とは、聖霊を受けた使徒たちの言葉がよく理解でき、内容が〝心に届いた〟というのでしょう。「罪の赦しを得させる悔い改めが、イエス様の名によってあらゆる国々の人々に宣べつたえられる」と復活の主は予告されました。(ルカ24:47) その約束が実現し、世界宣教の開始を予感させる出来事が聖霊降臨の日に起こったのです。聖霊を受けた人々の言葉が、自分とは関係のない〝他人ごと〟ではなく、自分たちに向けて語られた内容であると聞く人々に分かりました。自分たちにも通じる言葉で、救いが語られている出来事に人々の心が動き始めます。「イエス様を主」と告白する信仰へと導くのは聖霊のお働きによるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です