2015年5月10日 礼拝説教要旨

政所 邦明 牧師

 

共にいて下さる神

 

創世記 第31章1-13節

マタイによる福音書 第28章16-20節

 

主題聖句:「わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる」           

マタイによる福音書第2820

                                   

復活された主イエス・キリストは弟子たちを再びガリラヤに集められます。ここを新しい出発の場所とされたのです。ガリラヤの高い山で11弟子たちに主イエスは出会ってくださいました。紛れも無い出来事として復活された方が神の力をもって現れてくださったのです。その厳かさにうたれたのでしょう。弟子たちはひれ伏さざるを得ません。礼拝をします。しかし、この時の様子をマタイ福音書は正直に伝えています。「疑う者もいた」何人かの者は疑ったのです。完全に信じた人と疑いを含んでいた人と2つのグループがあったとは思いません。みんな大なり、少なり、信じることにためらいがあったのです。完璧な信仰者などありません。目の前にイエス様がいらっしゃいます。疑いようなどないはずです。「幻でも見たのか」と自分の目を疑ったのでしょうか。そうではなく、思わずひれ伏した弟子たちにとっても、常識からすれば“復活はありえない出来事”であり、戸惑いを覚えざるを得なかったということでしょう。見たり聞いたりする自分の感覚にだけ頼ろうとすると、主イエスの復活は不確かになります。復活は見て確かめるのではなく、最後は信じるべき事柄なのです。

 

弟子たちから疑いを取り去って、その後伝道に遣わされようと主はされません。疑いがあったとしてもそのままにして、弟子たちに近づいてゆかれ、宣教の命令を出して、遣わされます。弟子たちは宣教する中で主イエスが自分たちと共におられることに気がついていきます。伝道の経験の中で疑いが消えて行き、主が生きておられる確信に変えられていったのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です