2014年12月28日 礼拝説教要旨

イエスの家族とは

 

政所 邦明 牧師

 

ルカによる福音書 第2章22-35節

 

主題聖句:「-あなた自身も剣で心を刺し貫かれます-多くの人の心にある思いがあらわにされるためです。」      

ルカによる福音書第2章35

                                    

誕生40日目に、エルサレム神殿に、主イエスをマリアとヨセフとは連れてゆきます。するとシメオンという人が待ち構えておりました。抱いて祈ってもらうことを期待したのでしょう。両親は幼子をシメオンの腕に委ねます。主イエスを抱いたシメオンは神を讃美する一方で、母マリアに対しては、恐ろしく不吉な預言をします。「剣で心を刺し貫かれる」というものです。体だけではなく、心の痛手をも意味するのでしょう。

 

天使のお告げから始まって、ベツレヘムで赤ちゃんを産むという経験をします。恥ずかしさと行く先の不安はマリアにあったかもしれません。しかし、赤ちゃんを授かったこと自体には喜びを伴ったでしょう。神のご配慮で、ヨセフの協力が得られ、許嫁であった男性とともに新家庭を築くことができたことも幸いだったはずです。

 

ところが、ベツレヘムの飼い葉桶の周りに突然、羊飼いたちが入ってきます。さらには東の国の占星術の学者たちがやってきて、拝礼までしてゆきます。受胎告知の時、天使が語ったとおりだと言えばそれまでです。しかし、訪問者が次々に現れ、讃美や拝礼をしてゆく様子を目の当たりにすると、マリアは喜ぶより、戸惑い、恐れることの方が多かったのではないでしょうか。

 

普通の母親-息子の関係を超える信仰をマリアに求められます。腹を痛めた息子へ、母としての情愛があるのは当然です。しかし、御心として愛する息子が十字架に進むのを受け入れるには、胸を断ち割られる苦しみを乗り越えなければなりません。シメオンの預言はマリアには挑戦だったのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です