2014年10月12日 礼拝説教要旨

聖霊を冒瀆するな

政所 邦明 牧師

マルコによる福音書 第3章19-30節

主題聖句:「…聖霊を冒瀆する者は永遠に赦されず、永遠の罪の責めを負う」

マルコによる福音書第3章29節

 

先週の箇所では、12人を主イエスが任命された目的が書いてありました。(3章13節、14節)それは、①使徒たちを側に置くため②派遣して宣教させ、③悪霊を追い出す権能を持たせるためだというのです。

 

②と③の間か③の次に「病をいやす権能を持たせる」が入っても良さそうな気がします。ガリラヤで宣教を始めた時、主イエスが病を癒される行為に人々は強く引きつけられました。しかし、ここでは癒しの業は省かれています。それに比べて、〝悪霊追放〟の方は目的の一覧表にちゃんと挙がっています。しかも〝宣教〟と〝悪霊追放〟が並べて書いてあることから判断して、二つは一見関係ないように見えて、深いつながりがあるのでしょう。

 

「悪霊が人に取り憑いた」などというと、現代人は付いていけません。心の病の原因がわからないので、当時の人々は「何でも〝悪霊〟のせいにする」と理解します。しかし、悪霊の働きとしか考えられないものは、現代でも起こらないのでしょうか。人間には理性があるはずです。それなのに、紛争地域での残虐行為のニュースを世界中のいたるところで聞きます。

 

主イエスが教えを宣べ伝える、つまり説教されるのは、この世に働いている力、神に敵対する勢力を滅ぼすためなのです。その力とは罪と死の力といっても良いでしょう。十字架と復活において罪と滅びに対して、勝利を収められます。宣教の初期の段階では、そのことははっきりとはわかりません。悪の力や罪と死とを滅ぼすために主は来られました。そのことを予め示すために、主イエスは悪霊を追い出されたのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です