2014年10月5日 礼拝説教要旨

弟子を招く

 

政所 邦明 牧師

 

マルコによる福音書 第3章13-19節

 

主題聖句:「イエスが…これと思う人を呼び寄せられると、彼らはそばに集まって来た。…彼らをそばに置くため、また、派遣して宣教させ…」

マルコによる福音書 第3章13

                                    

「これと思う人を呼び寄せ…」とあります。主イエスが多くの人の中から選び抜かれたのです。ワールドカップの日本代表選手は「代表に呼ばれた」と表現します。どんなに選ばれたいと思っても、監督にその気がなければ無理です。「選抜」は選ぶ権利のある人の意志が拠り所となります。

 

「呼び寄せる」…良い日本語です。主イエスの方にご自身が12人をグイッと引き寄せるイメージがあります。弟子たちが少々ためらっていても、主の引っ張る力があまりにも強いため、抗えない印象を持ちます。嫌な人から強引なことをされると迷惑でしょう。しかし、イエス様ならそんなことはありません。主イエスのほうがグーンと距離を縮めてくださるのです。「そばに」という言葉が繰り返されています。主イエスのおそばにおらせていただけるなら、どんなに幸いでしょうか。「あなたが私を選んだのではない。私があなたを選んだ」と言われたお言葉を思い出します。

 

サッカーであれば〝選抜〟の目標は大会での優勝です。何もしないで選手と一緒にいるためではありません。しかし、12弟子選抜の目的は「派遣して宣教させる」以前にわざわざ「そばに置くためだ」とマルコは明言しました。順番としては「そばに置くため」が優先され、宣教より大事なのかもしれません。弟子たちを使って組織拡大を図ることが目的ではなく、ただそばに居てくれれば良いということでしょう。主イエスが、淋しいからではではありません。相手が何もしなくても“ただ一緒にいるだけで嬉しい”のが愛だからです。愛から出発してこそ、宣教も意味を持ってくるのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です