2014年6月29日 礼拝説教要旨

政所 邦明 牧師

 

祭 壇

 

サムエル記下 第24章18-25節

ヘブライ人への手紙 第13章10-16節

 

主題聖句:ダビデはガドに言った。「…主の御手にかかって倒れよう。主の慈悲は大きい。人間の手にはかかりたくない」   

サムエル記下第24章1

                                    

ダビデは人口調査を思い立ちます。統計を取り、客観的に国力を知りたかったからでしょうか?調査をすると、徴兵できる男子の数を把握できます。調査は戦争の準備になり、結局は自分の力を誇ることに通じます。そのことに気がついたダビデはたいそう悔やみました。

人口調査の発端を聖書は次のように述べます。「主は、『イスラエルとユダの人口を数えよ』とダビデを誘われた。」(サムエル記下第24章1節)わたしたちを悩ませる表現です。神が人を悪に誘い込むことは考えにくいのです。(ヤコブの手紙第1章13節) ダビデの心が人口調査に傾いたということでしょうか。ダビデの選択に当たって、神が無理に仕向けられたとは思いません。調査をしない選択肢もあったはずです。本音は自分がしたいだけなのです。それなのに「あなたの望むようにしなさい」と神がおっしゃっているかのようにわたしたちは錯覚します。自分の思い込みと神のみ心を混同し、すべて神のせいにしたことをダビデは恥じたのだと思います。

 

この罪に対して先見者(預言者)ガドを通じて神はダビデに語られました。3つの刑罰のうちから1つを選ぶように言われたのです。その時にダビデは自分で選択せず、一切を神に委ねました。「神のお決めになることはどのような内容でも甘んじて受けます。」自分に任された選択権を卑怯にも回避したのではありません。自分の思いのままに人口調査を断行して失敗したダビデは委ねる幸いを学び取ったのです。その信仰は、アラウナの麦打ち場を自費で買い求め、祭壇を築いて礼拝する行為となって現れたのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です